CentOS7 ハードディスクをLVM構成でミラーリングするインストール手順

シェアする

先日、CentOS7を新規でインストールすることがありましたが、いざやってみると、覚えていませんでした。
インストール全体としては、昔の頃にくらべれば、俄然、簡単になったのですが、LVMでHDDのパーティションを設定する時は、GUIの作りが、直感的でなくて、少し、迷ってしまいました。

今度、いつインストールするかしないかは判りませんが、これを機会にメモをしておこうと思います。

インストールメディアの入手

インストールメディアは、「iso」ファイルにて提供されていて、下記の種類があります。

  • CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso

このDVDイメージを使用すれば良いと思います。CentOSとしても、こちらを推奨しています。

  • CentOS-7-x86_64-Everything-1511.iso

CentOSの追加パッケージも含んだフルパッケージのDVDイメージです。容量的にも大きなものになります。

  • CentOS-7-x86_64-LiveGNOME-1511.iso

俗に言うGNOMEのライブDVDです。インストールはされません。テスト目的ぐらいでの使用になるかと思います。

  • CentOS-7-x86_64-LiveKDE-1511.iso

俗に言うKDEのライブDVDです。インストールはされません。テスト目的ぐらいのでの使用になるかと思います。

  • CentOS-7-x86_64-Minimal-1511.iso

CentOSが動作する上で最低限のパッケージとなるDVDイメージです。

  • CentOS-7-x86_64-NetInstall-1511.iso

CentOSをネットワーク経由でインストールする場合のDVDイメージです。

インストール手順

CentOS7のメディアを挿入して、電源を「オン」にします。
BIOSでは、DVDドライブから起動できるようにしておきます。

1. シンプルなテキスト画面が表示されます。
 上段の「Install CentOS 7」を選択して、[Enter]キーを押下します。

centos72inst01

2. 使用する言語を選択します。
 左側の「日本語」を選択すると、右側も「日本語」と表示されますので、確認の上で「完了」ボタンを押下します。

centos72inst02

3. インストールの概要が表示されます。
 自動で設定されたもので問題ないかを確認します。
 今回は、ソフトウェアの選択として、「最小限のインストール」にしました。ここで、設定しなければならないのは、「インストール先」の設定です。

centos72inst03

4. ディスクにパーティションを手動で設定します。
 今回は、2つのハードディスクを使って、RAID1構成の俗に言うソフトミラーリングにします。
 接続されたディスクが表示されるので、それぞれのハードディスクを選択してチェックをいれて、「パーティション構成を行ないたい」を選択し、「完了」ボタンを押下します。

centos72inst04

5. 手動でのパーティション設定を開始します。
 パッと見た感じの画面だと、何をすればいいのかを迷ってしまいますが、左下にある「+」ボタンを押下します。

centos72inst05

6.  「/boot」パーティションを設定する。
 「マウントポイント」の項目に「/boot」を入力して、「割り当てる領域」にサイズをMiB(メガバイト)単位で指定し、「マウントポイントの追加」を押下します。

centos72inst06

7. 「/boot」のデバイスタイプを選択します。
 「/boot」は、LVMではなく、「RAID」を選択します。

centos72inst07

 「デバイスタイプ」が「RAID」であること、「ファイルシステム」はCentOS7のデフォルトである「xfs」になっていること、「RAIDレベル」は「RAID1(冗長化)」であること、を確認し、「設定の更新」を押下します。

centos72inst08

8. 「/」パーティションを設定する。
 「マウントポイント」の項目に「/」を入力して、「割り当てる領域」にサイズをMiB(メガバイト)単位で指定し、「マウントポイントの追加」を押下します。

centos72inst09

9. 「/」のデバイスタイプを選択します。
 「/」は、「LVM」を選択します。
 その他、「ファイルシステム」が「xfs」」であることを確認し、「Volume Group」の「修正」ボタンを押下します。

centos72inst10

10. 「RAIDレベル」で「RAID1(冗長化)を選択します。

centos72inst11

11. 「サイズポリシー」で「できるだけ大きく」を選択します。
 ここで、私は間違ってしまったのですが、ここの「サイズポリシー」の設定は、「/」パーティションというよりも、ボリュームグループに対する設定になるイメージです。ボリュームグループとして、残りのディスク全体を割り当てる事にします。

centos72inst12

 「名前」が「centos」であること、ハードディスクが接続された2つが表示されていること、その他、設定した内容に間違いがなければ、「保存」ボタンを押下します。
 ※ 今後、物理ディスクを増やして、ボリュームグループが増えることを想定するのであれば、「名前」に通番を振るなどしても良いかと思います。

centos72inst13

12. ボリュームグループの設定変更を保存して、次のパーティション追加を行ないます。
 「設定の更新」ボタンを押下して、左下の「+」ボタンを押下します。

centos72inst14

13. 「swap」パーティションを設定します。
 「マウントポイント」の項目に「swap」を入力して、「割り当てる領域」にサイズをMiB(メガバイト)単位で指定し、「マウントポイントの追加」を押下します。

centos72inst15

 「/」パーティションを作成する際に、ボリュームグループを設定していますので、そのまま、「swap」パーティションは、そのボリュームグループ内に作成されます。左下の「+」ボタンを押下して、次のパーティションを作成します。

centos72inst16

14. 「/home」パーティションを設定します。
 「マウントポイント」の項目に「/home」を入力して、「割り当てる領域」にサイズをMiB(メガバイト)単位で指定し、「マウントポイントの追加」を押下します。

centos72inst17

 「/」パーティションを作成する際に、ボリュームグループを設定していますので、そのまま、「/home」パーティションは、そのボリュームグループ内に作成されます。左下の「+」ボタンを押下して、次のパーティションを作成します。

centos72inst18

15. 「/var」パーティションを設定します。
 「マウントポイント」の項目に「/var」を入力して、「割り当てる領域」にサイズをMiB(メガバイト)単位で指定し、「マウントポイントの追加」を押下します。

centos72inst19

 「/」パーティションを作成する際に、ボリュームグループを設定していますので、そのまま、「/var」パーティションは、そのボリュームグループ内に作成されます。左下の「+」ボタンを押下して、次のパーティションを作成します。

centos72inst20

16. 「/tmp」パーティションを設定します。
 「マウントポイント」の項目に「/tmp」を入力して、「割り当てる領域」にサイズをMiB(メガバイト)単位で指定し、「マウントポイントの追加」を押下します。

centos72inst21

 「/」パーティションを作成する際に、ボリュームグループを設定していますので、そのまま、「/tmp」パーティションは、そのボリュームグループ内に作成されます。
 これで、一旦、パーティションの作成は完了とするので、「完了」ボタンを押下します。

centos72inst22

17. インストーラーが行なうパーティションの設定が表示されます。
 内容を確認して、「変更を許可する」ボタンを押下します。

centos72inst23

18. このタイミングで、ネットワークの設定も可能ですが、ネットワークの設定はインストール後に行なう事にします。
 「インストールの開始」ボタンを押下すると、インストールが実施されます。

centos72inst24

19. インストールが実施している最中に、「rootパスワード」を設定します。
 「ROOTパスワード」の部分を選択します。

centos72inst25

20. 適切なrootパスワードを設定します。
 「rootパスワード」を入力後、「完了」ボタンを押下します。

centos72inst26

インストールは継続されています。
「ユーザー」の作成もできますが、インストール後に作成する事にします。

centos72inst27

21. インストールの完了
 インストールが完了したことを確認して、「再起動」ボタンを押下します。

centos72inst28

22. OSが起動します。

centos72inst29

「root」ユーザーでログインします。

centos72inst30

設定したパーティション構成です。

centos72inst31

以上。