CentOS7 システムのボリュームグループ名を変更

シェアする

システムのボリュームグループ名を変更する手順です。

システムのボリュームグループの変更は、間違えると起動できなくなるので、必要に迫られない限り実施しない事が賢明だと思います。それでも、実施する必要があれば、必ず、復旧できる方法を確立してから実施するのがいいと思います。

参考URL
https://www.centos.org/forums/viewtopic.php?f=47&t=62406

ボリュームグループ名の変更

ボリュームグループ名を「vg01」から「vg02」に変更します。

# vgdisplay | grep "VG Name" <LF>
  VG Name               vg01
vgrename vg01 vg02 <LF>
    Wiping cache of LVM-capable devices
    Archiving volume group "vg01" metadata (seqno 3).
    Writing out updated volume group
    Renaming "/dev/vg01" to "/dev/vg02"
    Loading vg01-lv_swap table (253:1)
    Suppressed vg01-lv_swap (253:1) identical table reload.
    Suspending vg01-lv_swap (253:1) with device flush
    Loading vg01-lv_swap table (253:1)
    Suppressed vg01-lv_swap (253:1) identical table reload.
    Renaming vg01-lv_swap (253:1) to vg02-lv_swap
    Resuming vg02-lv_swap (253:1)
    Loading vg01-lv_root table (253:0)
    Suppressed vg01-lv_root (253:0) identical table reload.
    Suspending vg01-lv_root (253:0) with device flush
    Loading vg01-lv_root table (253:0)
    Suppressed vg01-lv_root (253:0) identical table reload.
    Renaming vg01-lv_root (253:0) to vg02-lv_root
    Resuming vg02-lv_root (253:0)
    Creating volume group backup "/etc/lvm/backup/vg02" (seqno 4).
  Volume group "vg01" successfully renamed to "vg02"
# vgdisplay | grep "VG Name" <LF>
  VG Name               vg02

デバイスファイル名の確認

デバイスファイル名を確認します。

# vgchange -ay <LF>
  2 logical volume(s) in volume group "vg02" now active
# lvdisplay | grep "LV Path" <LF>
  LV Path                /dev/vg02/lv_swap
  LV Path                /dev/vg02/lv_root
# df /boot <LF>
Filesystem     1K-blocks   Used Available Use% Mounted on
/dev/vda1         520868 181068    339800  35% /boot

/etc/fstabの設定変更

「/etc/fstab」内にあるVG名がある部分を新しいものに変更します。

# cd /etc <LF>
# cp -p fstab fstab.old <LF>
# cat fstab.old | sed -e 's/mapper\/vg01-/mapper\/vg02-/g' > fstab <LF>

マウントの実施

これをしないと、GRUBでの操作でエラーになります。
適当な場所にマウントします。

# cd /mnt <LF>
# mkdir sysimage <LF>
# mount /dev/vg02/lv_root /mnt/sysimage <LF>
# mount /dev/vda1 /mnt/sysimage/boot <LF>
# mount --bind /proc /mnt/sysimage/proc <LF>  <= ディレクトリーをマウント
# mount --bind /dev /mnt/sysimage/dev <LF>    <= ディレクトリーをマウント
# mount --bind /sys /mnt/sysimage/sys <LF>    <= ディレクトリーをマウント
# chroot /mnt/sysimage <LF>                   <= ルートディレクトリーを変更

GRUB2の設定変更

ブートローダーの設定を変更します。

# cd /etc/default <LF>
# cp -p grub grub.old <LF>
# cat grub.old | sed 's/=vg01\//=vg02\//g' > grub <LF>
# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg <LF>
Generating grub configuration file ...
  WARNING: Failed to connect to lvmetad. Falling back to device scanning.
  WARNING: Failed to connect to lvmetad. Falling back to device scanning.
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-514.16.1.el7.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-514.16.1.el7.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-3.10.0-514.el7.x86_64
Found initrd image: /boot/initramfs-3.10.0-514.el7.x86_64.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-0-rescue-57963941c5bb47a696ed04848fe97bc7
Found initrd image: /boot/initramfs-0-rescue-57963941c5bb47a696ed04848fe97bc7.img
  WARNING: Failed to connect to lvmetad. Falling back to device scanning.
  WARNING: Failed to connect to lvmetad. Falling back to device scanning.
done
# cp -p /boot/initramfs-$(uname -r).img /boot/initramfs-$(uname -r).img.bak <LF> <= 初期RAMディスクイメージのバックアップ
# dracut -f -v /boot/initramfs-$(uname -r).img  $(uname -r) <LF> <= 初期RAMディスクイメージの上書き作成
    :
*** Creating initramfs image file '/boot/initramfs-3.10.0-514.16.1.el7.x86_64.img' done ***

# exit <LF> <= 忘れずに

マシンリブート

マシンリブートを実施すると、新しいボリュームグループ名になっているかと思います。

systemctl reboot -f <LF>  <= 強制リブート