Lubuntu 14.04 docomoな端末をMVNOで使うときのテザリング

シェアする

出張とかで近くにネット環境が無い時に、スマホのテザリングが利用できると便利です。

以前に購入した程度の良い中古のスマホがDocomoな端末でして、そのままではテザリングという便利な機能が、「テザリング中にエラーが発生しました。」と、文句を言われ使えません。
なので、その便利な機能を使えるようにします。
なぜ、使えないかについては、下記のURLが参考になるかと思います。

参考URL
http://www.mvno-navi.com/knowledge/docomo-mvno-tethering.html

環境

今回は、出張先で大活躍(?)の「Thinkpad X40」君で行ないます。
一応、下記の環境にて、テザリングができるようにしましたので、参考程度に。

  • スマホの情報

Xperia Z1 SO-01F (Android 4.4.2)
  電源は多めにしておくこと。

  • X40君の情報
$ lsb_release -a <LF>
No LSB modules are available.
Distributor ID:    Ubuntu
Description:    Ubuntu 14.04.3 LTS
Release:    14.04
Codename:    trusty
  • その他

 パソコンと接続するためのUSBケーブルが必要です。(スタンダードA---マイクロB)

前準備

1. スマホ側で「開発者向けオプション」を表示させるために、下記の操作を行ないます。

   [設定]-[端末情報]-[ビルド番号]を連打(10回くらい)。高速連打は必要ないです。

2. スマホ側で「USBデバッグ」を有効にします。

   [設定]-[開発者向けオプション]-[USBデバッグ]をタップするとチェックが入ります。

3. パソコン側でツールをインストールします。

$ sudo apt-get -y install android-tools-adb <LF>
    :
The following NEW packages will be installed:
  android-tools-adb
0 upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 5 not upgraded.
    :
$ adb devices <LF>
* daemon not running. starting it now on port 5037 *
* daemon started successfully *
List of devices attached
1234567890    offline

4. パソコン側とスマホ側でUSBケーブルにて接続します。

   スマホ側で「USBデバッグを許可しますか?」と表示されるので、[OK]をタップします。
   ※ 途中でパソコン側に「リムーバブルメディアの挿入」が表示されますが、[キャンセル]ボタンをクリックします。

5. 接続できているかの確認をします。

$ sudo adb devices <LF>
List of devices attached
1234567890    device

テザリングの有効化

1. 下記のコマンドでテザリングが有効になるようにします。

$ adb shell <LF>
shell@SO-01F:/ $ settings put global tether_dun_required 0 <LF>
shell@SO-01F:/ $ exit <LF>

後片付け

1. スマホ側で「USBデバッグ」を無効化します。

   [設定]-[開発者向けオプション]-[USBデバッグ]をタップするとチェックが外れます。

2. USBケーブルを抜きます。

これで、テザリングが使えるようになっていると思います。

   [設定]-[その他の設定]-[テザリング]-[WiFiテザリング]を選択。
   ※Wi-Fiテザリングの設定も忘れずに。

最後に、いざ使うときに困らないよう、スマホを再起動して有効になっているかを確認しましょう。