CentOS7 仮想環境(KVM)をvirshでよく使うであろうコマンド

シェアする

現在、仮想環境を構築するにあたって、「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」を利用しています。
その仮想環境を操作するには、CentOSでは「virshツール」を利用することになります。

ちょっとした仮想環境を操作するには、GUIベースの「virt-manager」を利用するのが視覚的にもわかりやすいですが、大規模な環境であるほど、CUIベースの「virshツール」を利用してシェルスクリプトで操作するのが効率が良くなると思います。

ここでは、virshツールをケースごとにメモしようと思います。

virshでよく使うであろうコマンド

誰しもKVMな環境を触るときに、よく使うであろうコマンドです。

# virsh list <LF> <= 稼働しているゲストOSの一覧
  Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 2     guestos01                      running
 3     guestos02                      running
 4     guestos03                      running
 
# virsh list --all <LF> <= 存在する全てのゲストOSの一覧
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 2     guestos01                      running
 3     guestos02                      running
 4     guestos03                      running
 -     guestos04                      shut off
 -     guestos05                      shut off

# virsh console guestos01 <LF> <= ゲストOSへのコンソール接続
Connected to domain guestos01
Escape character is ^] <= コンソール接続から抜けるには[Ctrl]キーと[^]キーの同時押し

CentOS Linux 7 (Core)
Kernel 3.10.0-229.1.2.el7.x86_64 on an x86_64

guestos01 login:

# virsh start guestos04 <LF> <= ゲストOSの起動
Domain guestos04 started

# virsh list | grep guestos04 <LF>
 5     guestos04                      running

# virsh shutdown  guestos04 <LF> <= ゲストOSの停止
Domain guestos04 is being shutdown

# virsh list --all | grep guestos04 <LF>
 -     guestos04                      shut off

virshでよく使うかもしれないコマンド

普段使うことは少ないと思いますが、人によってはよく使うかもしれないコマンドです。

# virsh destroy guestos01 <LF> <= ゲストOSの強制停止(電源ブチの感じ?)
Domain guestos01 destroyed
 
# virsh autostart guestos01 <LF> <= ホストOS起動時にゲストOSを自動起動をさせる
Domain guestos01 marked as autostarted
 
# ls /etc/libvirt/qemu/autostart <LF> <= 自動起動の確認
total 0
guestos01.xml <= ゲストOSが自動起動であればシンボリックリンクが作成される
 
# virsh autostart --disable guestos01 <LF> <= ホストOS起動時にゲストOSの自動起動をしない
Domain guestos01 unmarked as autostarted