CentOS7.4 マウントポイント名と論理ボリューム名の変更

シェアする

サーバーを使っていくうちに、設定されたマウントポイント名と論理ボリューム名の付け方が違うな。と、ふと思いましたので、変更することにしました。企業では色々とハードルが高くてできませんが、私はハードルが低いです。

余談ですが、物理マシンの構成であれば、ディスク自体のサイズも大きく、適切なパーティションに分けることで性能面で有利に働きますが、仮想マシンの構成であれば、その恩恵を受けることはないと思います。
ただし、利用するうえである程度のパーティションを分割することは、有用だと考えます。

論理ボリューム名とマウントポイント名の変更

もし、自動運用などで稼働しているものがあれば、停止してからが良いでしょう。

# lvs
  LV        VG       Attr       LSize   Pool Origin Data%  Meta%  Move Log Cpy%Sync Convert
  home      centos00 -wi-ao----   1.00g
  lv_res    centos00 -wi-ao----   1.00g
  lv_opt    centos00 -wi-ao----   4.00g
   :(省略)
# umount /res <= 対象をアンマウント
# lvs
  LV        VG       Attr       LSize   Pool Origin Data%  Meta%  Move Log Cpy%Sync Convert
  home      centos00 -wi-ao----   1.00g
  lv_res    centos00 -wi-a-----   1.00g
  lv_opt    centos00 -wi-ao----   4.00g
   :(省略)
# lvrename centos00 res lv_appres <= 「res」 → 「appres」 に変更
  Renamed "res" to "lv_appres" in volume group "centos00"
# lvs
  LV        VG       Attr       LSize   Pool Origin Data%  Meta%  Move Log Cpy%Sync Convert
  home      centos00 -wi-ao----   1.00g
  lv_appres centos00 -wi-a-----   1.00g
  lv_opt    centos00 -wi-ao----   4.00g
   :(省略)
# mkdir /appres
# mount /dev/mapper/centos00-lv_appres /appres
# lvs
  LV        VG       Attr       LSize   Pool Origin Data%  Meta%  Move Log Cpy%Sync Convert
  home      centos00 -wi-ao----   1.00g
  lv_appres centos00 -wi-ao----   1.00g
  lv_opt    centos00 -wi-ao----   4.00g
   :(省略)
# df /appres
Filesystem                     1K-blocks  Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/centos00-lv_appres   1038336     33020   1005316   4% /appres

/etc/fstabの変更

起動時に自動でマウントできるように、ファイルシステムに関する情報を変更します。

# cp -p /etc/fstab /etc/fstab.bak.20171118
# vim /etc/fstab
   :(省略)
#/dev/mapper/centos00-res        /res      xfs defaults 0 0 <= コメント化
/dev/mapper/centos00-lv_appres  /appres   xfs defaults 0 0  <= 追記
   :(省略)