Windows10 RSATのDNSマネージャーが存在しない時の回避策

シェアする

Windows10でActiveDirectoryのツールであるDNSマネージャーがなくなっていました。それの対処法です。

マイクロソフトのサポートページに回避策があったので、そちらを実施することで、DNSマネージャーが使えるようになりました。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4055558/rsat-missing-dns-server-tool-in-windows-10-version-1709

回避方法

(1) KB2693643がインストールされていれば、そちらをアンインストールします。

 ・「ファイル名を指定して実行」より、「appwiz.cpl」を入力して[ENTER]キーを押下します。
 ・「プログラムと機能」画面の左ペインにある[インストールされた更新プログラムの表示]を選択します。
 ・「プログラムと機能」画面の右ペインにある「KB269343」を選択して、上段に表示された[アンインストール]を選択します。
  ※ アンインストールが完了するまで、少しだけ待ちます。

(2) 回避用のリソースを用意します。

 ・適当なドライブ上に「temp」フォルダーを作成します。
 ・「installx64.bat」ファイルを下記の中身で、「temp」フォルダーに配置します。

c:\> type c:\temp\installx64.bat
@echo off
md ex
expand -f:* WindowsTH-RSAT_WS_1709-x64.msu ex\
cd ex
md ex
copy ..\unattend_x64.xml ex\
expand -f:* WindowsTH-KB2693643-x64.cab ex\
cd ex
dism /online /apply-unattend="unattend_x64.xml"
cd ..\
dism /online /Add-Package /PackagePath:"WindowsTH-KB2693643-x64.cab"
cd ..\
rmdir ex /s /q

 ・「unattend_x64.xml」ファイルを下記の中身で、「temp」フォルダーに配置します。

c:\> type c:\temp\unattend_x64.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:setup" description="Auto unattend" author="pkgmgr.exe">
 <servicing>
  <package action="stage">
   <assemblyIdentity buildType="release" language="neutral" name="Microsoft-Windows-RemoteServerAdministrationTools-Client-Package-TopLevel" processorArchitecture="amd64" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" version="10.0.16299.2"/>
   <source location="." permanence="temporary"/>
  </package>
 </servicing>
</unattend>

 ・RSATのパッケージ「WindowsTH-RSAT_WS_1709-x64.msu」を、「temp」フォルダーに配置します。

(3) 回避対策の実施

 ・管理者用コマンドプロンプトで、作成した「temp」フォルダーに移動し、「installx64.bat」を実行します。
  ※ 使用しているパソコンの性能が低いので、完了するのに、5分ぐらい待たされました。

これで、DNSマネージャーが表示されるようになりました。