CentOS7 シスログに出力されるsystemdのメッセージを抑止

シェアする

CentOS7のデフォルト状態のままでシスログを見てると、systemdのメッセージが定期的に出力されています。
メッセージ自体も余り有用な情報でもないので、出力自体を抑止したいと思います。
これは、crondが実行されるたびに出力されるので、大量になってしまします。

シスログに出力されていたメッセージ

下記のような、メッセージが大量に出力されていました。

view /var/log/messages <LF>
Jun 17 03:40:01 server01 systemd: Created slice user-0.slice.
Jun 17 03:40:01 server01 systemd: Starting user-0.slice.
Jun 17 03:40:01 server01 systemd: Started Session 20235 of user root.
Jun 17 03:40:01 server01 systemd: Starting Session 20235 of user root.
Jun 17 03:40:01 server01 systemd: Started Session 20236 of user root.
Jun 17 03:40:01 server01 systemd: Starting Session 20236 of user root.
Jun 17 03:40:08 server01 systemd: Removed slice user-0.slice.
Jun 17 03:40:08 server01 systemd: Stopping user-0.slice.
    :

systemdのログレベルを変更

大量に出力されるのを抑止するには、systemdのログレベルを変更する事で対応できます。

現在のログレベルを確認します。

# systemctl -pLogLevel show <LF>
LogLevel=info <= ちなみにデフォルト値

ログレベルを変更します。

# cp -p /etc/systemd/system.conf /etc/systemd/system.conf.original <LF>
# vim /etc/systemd/system.conf <LF>
    :
LogLevel=notice <= コメントアウトを外して「notice」に変更
    :
# systemctl daemon-reexec <LF>
# systemctl -pLogLevel show <LF>
LogLevel=notice

一時的にログレベルを変更する事もできます。

# systemd-analyze set-log-level notice <LF>
# systemctl -pLogLevel show <LF>
LogLevel=notice