CentOS7 EPELリポジトリーの追加

シェアする

CentOSはサーバーで利用されることが多いため、CentOSの標準リポジトリーで提供されるパッケージは枯れたものが殆どです。しかし、サードパーティー製のリポジトリーを利用することで、有用なパッケージを利用できるようになります。その中でも、EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)は、本家RHELのアップストリームの位置づけであり、色々ある外部リポジトリーの中でも信頼性が高いと思っています。

但し、CentOSの標準パッケージでないことには変わりはありません。標準パッケージのみの構成で起こり得ない不具合が発生することもあります。

EPELリポジトリーの導入

CentOSの標準パッケージからEPELリポジトリー設定ファイルをインストールできます。

# yum info epel-release <LF>
    :
Available Packages
Name        : epel-release
Arch        : noarch
Version     : 7
Release     : 6
Size        : 14 k
Repo        : extras/7/x86_64
Summary     : Extra Packages for Enterprise Linux repository configuration
    :
# yum -y install epel-release <LF>
    :
Installed:
  epel-release.noarch 0:7-6

Complete!
# cp -p epel.repo epel.repo.original <LF>
# vim /etc/yum.repos.d/epel.repo <LF>
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0 <= EPELパッケージ利用時は、yumコマンド実行時にオプションが必要になる
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

[epel-debuginfo]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch - Debug
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch/debug
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-debug-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
gpgcheck=1

[epel-source]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch - Source
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/SRPMS
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-source-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
gpgcheck=1