vimエディターでバイナリー編集

シェアする

Linux系OSを使っていれば、ほとんどの場合、vimエディターがインストールされていると思いますので、それを使って、バイナリーファイルを編集する方法です。

バイナリーファイルの編集

ASCII文字コードである[0-9]の文字コードを16進数で、直接編集してみます。
vimを起動するときに、「-b」オプションを使うことで、バイナリーモードとなります。

$ vim -b ascii.txt

下記は、エディターの画面になります。「:%!xxd」でバイナリーで表示されます。

0123456789





:%!xxd  <= コマンド入力欄

バイナリーで表示された状態です。

0000000: 3031 3233 3435 3637 3839 0a              0123456789.

バイナリーで表示されている箇所を、「30」のコードに変更して、「:%!xxd -r」で通常の表示に戻してみます。

0000000: 3030 3030 3030 3030 3030 0a              0123456789.




:%!xxd -r

通常の表示でも、変更されたことがわかります。

0000000000