Deprecated: wp_make_content_images_responsive の使用はバージョン 5.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_filter_content_tags() を使ってください。 in /wwwsite/contents1/wp1/wp-includes/functions.php on line 4777

Deprecated: wp_make_content_images_responsive の使用はバージョン 5.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_filter_content_tags() を使ってください。 in /wwwsite/contents1/wp1/wp-includes/functions.php on line 4777

Raspberry Pi OS

Apache HTTP Server

RaspiOS Webブラウザからターミナル接続 shellinabox

CentOSがメインの環境だったころ、VPNサーバーが動作しなくなった時の緊急接続用として、Webブラウザからターミナル接続を行うことができる「shellinabox」を用意していましたが、RaspiOSでも、「shellinabox」のインストールを行い、Apache2経由で接続できるようにします。
Raspberry Pi OS

RPi OS IPアドレスとホスト名の設定

無線LANのインタフェースに固定IPアドレスを設定して、ホスト名の変更を行います。
Apache HTTP Server

Apache2の起動時にAH00558エラー対処方法

apache2の起動時に、「AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.1.1. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message」というエラーが出るので、その対処法です。
Raspberry Pi OS

Raspi OS 最低限セットアップ

Raspbian(2020年5月にRaspberry Pi OSに名前が変わりました)のインストールが終わった後、最低限セットアップとなります。
Raspberry Pi OS

RPi OS ビデオメモリーを減らしてシステムメモリーを増やす

Raspberry Pi をサーバー用途で使っていますが、少しでもシステムメモリーを増やしたいと思い、ビデオメモリーの割り当てを減らして、システムメモリーを増やしてみます。
Raspberry Pi OS

無料SSL証明書(Let’s Encrypt)

無料で利用できるSSL証明書(Let’s Encrypt)を導入して、ブラウザに「保護されていません」といったメッセージを出さないようにします。
Raspberry Pi OS

Apache2でphp-fpmを動かす

Raspbian(Buster)上で、wordpressの環境を構築して、「遅いなぁー。」と思いながらも、色々とドタバタしていたので放置していたのですが、久しぶりに環境を見てみると、php-fpmが使われていなかったです。
Raspberry Pi OS

Raspbian Raspbian(Buster)のバージョン確認方法

Raspberry Piで動作しているRaspbianのバージョン確認方法です。
Raspberry Pi OS

Raspbian Raspberry Pi 3+ にRaspbian(Buster)をインストール

Raspberry Piに、CentOS(RHEL系)をインストールして使っていましたが、せっかくのRaspberry Piなので、raspbian(Debian系)をつかってみようということで、今更ですが、初めて、Debian系のLinuxを使ってみることにしました。