Raspbian Raspberry Pi 3+ にRaspbian(Buster)をインストール

スポンサーリンク

Raspberry Piに、CentOS(RHEL系)をインストールして使っていましたが、せっかくのRaspberry Piなので、raspbian(Debian系)をつかってみようということで、今更ですが、初めて、Debian系のLinuxを使ってみることにしました。

Raspbianのインストール

 Raspberry Pi用のOSであるRaspbianは、イメージファイルをダウンロードして、そのファイルをMicroSDカードに書き込むことで利用できるようになります。

Raspbianイメージファイルのダウンロード

下記のサイトからダウンロードします。

https://www.raspberrypi.org/downloads/

左側にある「Raspbian」を押下します。

「Raspbian Buster Lite」にある「Download ZIP」を押下します。

ちなみに、Raspbian(Buster)では、3種類のイメージが提供されていて、簡単に言えば、下記のとおりです。

Raspbian Buster with desktop and recommended software
→ 全部入り。デスクトップ環境に加えて、お勧めなソフトウェアも入っている。

Raspbian Buster with desktop
→ いわゆるデスクトップ環境。大きなソフトウェアが取り除かれたもの。

Raspbian Buster Lite
→ デスクトップ環境が取り除かれた環境。サーバー用途とかであれば、これで十分。

ローカルPCの適当な場所を選択して「保存」ボタンを押下します。

ダウンロードできました。

Raspbianのインストール

Raspbianイメージファイルを、MicroSDカードに書き込む方法は、色々とありますが、私は、シリコンリナックスさんが提供している「DD for windows」というソフトウェアで書き込みます。ちなみに、Windows10でも動作に問題はありませんでした。

「ファイル選択」ボタンを押下します。

Raspbianイメージファイルを選択して、「開く」ボタンを押下します。

ちなみに、ZIPファイル内に、イメージファイルはありますので、展開しておく必要があります。

「書込」ボタンを押下します。

問い合わせメッセージが表示されますが、「はい」ボタンを押下します。

書き込みが行われる。(数分程度)

書き込み完了。

これで、MicroSDカードに、Raspbianがインストールできましたので、Raspberry Pi本体に差し込んで、電源オンすることで、起動できます。