RaspiOS MariaDBのエクスポートとインポート

スポンサーリンク

WordPressのDBとして、MariaDBを使用していますが、今回は、そのDBをエクスポートしたのち、それを新しい環境にインポートします。

システム環境

インポートするサーバとエクスポートするサーバは、今回、同じバージョンにて行っています。

$ uname -rm
5.4.72-v7l+ armv7l
$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description:    Raspbian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
Codename:       buster

データベースのエクスポート

移行元のデータベースをエクスポートします。ユーザーは、エクスポートを行うデータベースの読み取り権限があればできます。

コマンド : mysqldump -u ユーザー名 -p データベース名 > 出力ファイル名

$ mysqldump -u root -p wpdb > data-dump.sql
Enter password: xxxx
$ head -n 5 data-dump.sql
-- MySQL dump 10.17  Distrib 10.3.25-MariaDB, for debian-linux-gnueabihf (armv7l)
--
-- Host: localhost    Database: wpdb
-- ------------------------------------------------------
-- Server version       10.3.25-MariaDB-0+deb10u1

データベースのインポート

移行先へデータベースのインポートを行います。移行先には、予め、インポートするためのデータベースを用意しておきます。

コマンド : mysql -u ユーザー名 -p データベース名 < 入力ファイル名

$ mysql -u root -p
Enter password:
   : (割愛)
MariaDB [(none)]> create database wpdb;
Query OK, 1 row affected (0.001 sec)

MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| wp1db              |
+--------------------+
4 rows in set (0.001 sec)

MariaDB [(none)]> exit
Bye
$ sftp 192.168.1.10
takashi@192.168.1.10's password:
Connected to 192.168.1.10.
sftp> get data-dump.sql
Fetching /tmp/data-dump.sql to data-dump.sql
/htmp/data-dump.sql                   100% 5944KB   3.7MB/s   00:01
sftp> bye
$ mysql -u root -p wpdb < data-dump.sql
Enter password:xxxx