AWS Amazon VPC(Virtual Private Cloud)の作成

Amazon VPCを作成します。

Amazon VPCの作成

「サービス」-「ネットワーキングとコンテンツ配信」-「VPC」を選択します。

左ペインで「VPC ダッシュボード」を選択して、[VPC ウィザードを起動]ボタンを左クリックします。

「VPC を作成」の画面が表示されるので、必要な項目の設定を行ない、[VPC を作成]ボタンを左クリックします。

項目設定内容
作成するリソース● VPC、サブネットなど
名前タグの自動生成■ 自動生成
「tmp」
IPv4 CIDR ブロック「10.1.0.0/16」
IPv6 CIDR ブロック● IPv6 CIDR ブロックなし
テナンシー「デフォルト」
アベイラビリティゾーン「3」
パブリックサブネットの数「3」
プライベートサブネットの数「3」
NAT ゲートウェイ「なし」
VPC エンドポイント「S3 ゲートウェイ」
DNS オプション■ DNS ホスト名有効化
■ DNS 解決を有効化

VPCを作成するための設定を行ない、[VPCを作成]ボタンを左クリックします。

設定した項目に従い、VPCが作成されていきます。

作成されたVPCが表示されます。

デフォルトVPCの削除

左ペインより、「VPC」を選択して、右ペインに表示されている、デフォルトで用意されているVPCは不要ですので、「アクション」より「VPC の削除」を選択します。

VPC の削除画面が表示されるので、「デフォルト VPC の削除を希望することを承認します。」にチェックを入れて、さらに、下段のテキストエリアに削除をするための文言を入力して、[削除]ボタンを左クリックします。

左ペインより「VPC ダッシュボード」を左クリックすると、作成されたものがわかります。

作成されたもの

タイトルとURLをコピーしました