Win2k22 評価版から製品版への変更

Windows Server 2022の評価版から製品版への変更する方法です。ライセンス購入が間に合わない時に、評価版で構築を行い、その後、ライセンス購入後に、製品版へ切り替えることができます。

評価版の入手

インターネットからダウンロードして入手します。

Windows Server 2022 | Microsoft Evaluation Center
Microsoft Evaluation Center では、ダウンロードまたは Microsoft Azure で試用できる、フル機能を備えた評価版の Microsoft 製品ソフトウェアを提供しています。

評価版から製品版への変更

管理者権限でコマンドプロンプトより、「Dism」コマンドを実行します。

Dism (Deployment Image Servicing and Management) の略だそうです。

C:\Windows\System32>Dism.exe /online /Get-CurrentEdition

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.20348.1

イメージのバージョン: 10.0.20348.643

現在のエディション:

現在のエディション : ServerStandardEval ← 「Eval」が評価版であることを示す

操作は正常に完了しました。

C:\Windows\System32>Dism.exe /online /Set-Edition:ServerStandard /ProductKey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX /AcceptEula

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.20348.1

イメージのバージョン: 10.0.20348.643

コンポーネントの更新を開始しています...
プロダクト キーのインストールを開始しています...
プロダクト キーのインストールが完了しました。

パッケージ Microsoft-Windows-ServerStandardEvalEdition~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.20348.169 を削除しています
[==========================100.0%==========================]  ← 時間がかかるときがあります
コンポーネントの更新が完了しました。

エディション固有の設定の適用を開始しています...
エディション固有の設定の適用が完了しました。

操作は正常に完了しました。
Windows を再起動してこの操作を完了してください。
今すぐコンピューターを再起動しますか? (Y/N)Y

Standard ・・・ ServerStandard
DataCenter ・・・ ServerDataCenter

製品版であることの確認

マシンがリブートしたら、確認します。

C:\Windows\System32>Dism.exe /online /Get-CurrentEdition

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.20348.1

イメージのバージョン: 10.0.20348.643

現在のエディション:

現在のエディション : ServerStandard

操作は正常に完了しました。
タイトルとURLをコピーしました